[1]  [2

©1993 GENKOSHA Co.

人情紙風船第2回からは副題が付き、さらにタコみたいなのの頭部に前回までのあらすじがコピぺされててとても親切です。内容はというと、当時L・フランキーが企画していたアイドルビーツなるイベントの潜入ルポでして「気色悪きことこの上なく御意」「隠れアイドリアン」などの難解なフレーズを駆使した虚無僧が、絶滅の危機に瀕していたアイドルたちのレーゾンデートルを問うといったもの。なるべく文章が読めるよう解像度も上げました。そしてアイドルといえばやはりシルビー・ヴァルタン。中央下部に若き日のシルビーをコラージュ。なおかつ何百時間も踊り続ける象徴として、映画「ひとりぼっちの青春」サントラのジャケットからミラーボールをフィーチャーといった大変きめ細やかな構成です。

©1993 GENKOSHA Co.

こうした作品をふたたびお見せできるのがウェブの良いところ。しかも解説付きで。「極私的イラストレーション/人情紙風船」は14年前にイラストレーション誌で連載していた全7回のシリーズで、ルポルタージュイラストの新機軸との妄信のもとノリノリで描いた一大絵巻であります。主人公又十郎が旅に出た先々でいろんな仲間と出会い、オトナへと成長して行くさまを縦軸に据えながら、各回ごとに設けたテーマで潜入現場を綿密にルポルタージュしていくという凝り過ぎた設定のおかげで、意味は分からないが何か凄いことが起こってる感じはすると、おおむね好評をいただきました。その記念すべき第1回は、主人公の又十郎が旅に出るきっかけを作者が思案してるうちに、つい先日行ったキャンプ先でめちゃくちゃ不愉快な目にあい、あげくの果てに三万円の入った財布を落とす等の、まったくついてない私的体験を画面全体にオーバーラップさせた内容となっています。
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ARCHIVE
crossmedia
Cyzo feature Guide in campus Dojinboy Nationale 7 Hitoniyasashiku play Forest AB friends Talk&Manner hp
paper
paper
cover
cover
web
web
関連グッズ
日本イラストレーション史(単行本)
美術手帳_日本イラストレーション史
70年代なかば映画のチラシ集めがブームとなり、映画館… (続きを読む
ROOTOTE_Mickey & Minnie
ディズニー、大好きです。プルートが好きだったんで東京…(続きを読む
FLO:Q(フローク)
デスクトップ用ウィジェット「FLO:Q(フローク)」をデザ… (続きを読む
1980年代のポップ・イラストレーション
80年代を振り返ることがちょっとしたブームのようです… (続きを読む
赤ちゃんと子どものちいさい刺しゅう
カリスマ的刺しゅう作家大塚あや子さんのとっても可愛い… (続きを読む
ブログ内検索