[19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9

©2004 BIJUTSU SHUPPAN-SHA, LTD.

赤瀬川原平の特集号。同じくハイレッド・センターとして活動していた高松次郎考察の頁で、美術家の中ザワヒデキさんに私の「虫の絵」を引き合わせて解説していただきました。高松は影のシリーズが有名ですが、この本で中ザワは「数」の観点を導入し、形態論の立場での野心的な解読を試みており、高松作品全体を貫く普遍への志向が、そこに表徴されている様を読み解いています。なおこの考察は、同時期の府中市美術館「高松次郎ー思考の宇宙」展においてレクチャーとして再現されました。Fujisan.co.jpで見る
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ARCHIVE
crossmedia
Cyzo feature Guide in campus Dojinboy Nationale 7 Hitoniyasashiku play Forest AB friends Talk&Manner hp
paper
paper
cover
cover
web
web
関連グッズ
日本イラストレーション史(単行本)
美術手帳_日本イラストレーション史
70年代なかば映画のチラシ集めがブームとなり、映画館… (続きを読む
ROOTOTE_Mickey & Minnie
ディズニー、大好きです。プルートが好きだったんで東京…(続きを読む
FLO:Q(フローク)
デスクトップ用ウィジェット「FLO:Q(フローク)」をデザ… (続きを読む
1980年代のポップ・イラストレーション
80年代を振り返ることがちょっとしたブームのようです… (続きを読む
赤ちゃんと子どものちいさい刺しゅう
カリスマ的刺しゅう作家大塚あや子さんのとっても可愛い… (続きを読む
ブログ内検索